*

 

 

弊事務所は以下のような案件を受任、ご相談を承っております。

下記は、行政書士うすい法務事務所がご依頼を受けた案件の一部です。

また、記載内容はプライバシー保護の観点から個人の特定につながりうる情報を意図的に変更しています。

 

 

2018年5月

 

ご依頼内容:在留資格(日本人配偶者など)の認定申請(イリジビリティ)

中國人女性と結婚し、一度は日本に居住するため日本人配偶者等のビザを取得していましたが、婚姻生活がうまくゆかず奥様は一時実家のある中国に帰省。その帰省中に配偶者の在留資格が失効。このまま中国人女性と国際離婚になるかと覚悟していましたが、離婚しないとことや再度日本で夫婦ともども生活することになりました。そこでいったんVISAを取得したが、失効させてしまった履歴のある中国人女性を日本に招聘するための認定申請を受任しました。入国管理局は申請人(中国人女性)の状況(いつどこから日本を出国したか、在留資格の失効の事実など)は当然把握しているので、素直にすべての事実を質問書に記載し、改めて配偶者ビザを申請。イミグレーションが受理して約1か月で許可処分がおりました。

 

 

ご依頼内容:在留資格(ビザ)更新申請

日本の専門学校を卒業した後就職した会社でいったんは在留資格の許可処分を受けました。

「留学生」の区分から「技術・人文知識・国際業務」へ変更によって許可された在留期間は1年。

無事勤務していたのですが、いろいろと考えて、在留資格の期限がまじかの時に勤めていた会社を退職。

その結果、在留資格更新に必要な在職証明書を入手できなくなりました。

そこで、新しい職場を見つけ、その会社から在職証明書を発行していただき、更新申請しました。

 

2018年4月

 

ご依頼内容:在留資格(ビザ)変更申請

日本国に居住している中国のご夫婦の依頼です。

中国人の夫が「留学」、同じく中国人の妻が「家族滞在」の在留資格で日本に居住していましたが、妻の日本での就職に伴い「家族滞在」から「技術・人文知識・国際業務」(就労ビザ)へ、夫は「留学」から「家族滞在」へと申請変更の依頼です。

もちろん「家族滞在」への変更申請には「資格外活動」も同時に申請します。

 

ご依頼内容:在留資格認定申請

ネパール国にいるネパール人を雇用した会社様からの在留資格認定申請のご依頼です。

申請人は日本で専門学校を卒業し専門士を取得しています。

この専門士と職務の関連性を吟味して申請いたします。

 

業務内容:在留資格変更申請

現在適法な在留資格で日本に定住しているフィリピン人の方からの依頼です。

日本で株式会社を設立して在留資格を現在のビザから「経営・管理」へ変更する内容です。

株式会社の設立(登記申請など)は協力している司法書士に依頼し、設立後の在留資格変更申請を担当します。

 

 

ご挨拶

写真

このサイトをご覧いただいているすべてのみなさまへ

東京都町田市行政書士うすい法務事務所のサイトをごらん頂きまことにありがとうございます。

行政書士うすい法務事務所は3つのポリシーをもとにご相談に対応しています。

 

1.スピード・機動力

 

お仕事の都合で休日がとりにくい方、小さいお子様がいて外出しずらい方。 ご都合のよい場所と時刻をご指定ください。夜間や・休日でもご指定の場所まで参ります。 また遠隔地の出張もいといません。中国、フィリピンなどの外国へいった経験もあります。

2.真摯・誠実な対応

 

ご相談には、分かりやすく回答することを心がけています。 専門用語を並べるだけにならないよう、お辛い気持ちからの解放に少しでも役立つようにと考えています。 真摯、誠実な対応を目指します。

3.明朗会計

 

問題を完全に解決するまでにかかる費用がわからないので、相談すら躊躇する。 そのようなお悩みを解決するために初回相談を無料にしています。 ご必要であれば、ご依頼前にあらかじめのお見積もりを書類にてご提示します。 また、相談内容によっては協力する弁護士や探偵の方をご紹介しております。 その際の費用や経験に基づいた解決への方針もお伝えしています。 ※クレジットカード決済(VISA・MASTER)に対応しました。

お客様から頂きましたよくあるご質問・回答集はこちらです。

お客様の声

お客様にアンケートをご記入いただきました。大変励みになります。ありがとうございます。 その他のお客様の声はこちらのページにもあります

 

ご依頼:在留資格変更申請のご依頼

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を得ている

中国出身の女性からのご依頼です。

現在有するビザを取得したときに在籍していた会社から

転職したので、更新申請は転職先の会社の在籍証明で申請したいとの

ことでした。

しかし、現在所属する日本の会社での業務が問題視され、更新申請は

不許可処分。

出国に向けての準備活動としての31日の特定活動が付与されました。

しかしご依頼人はやはり大好きな日本で働きたい気持ちを捨てきれず、

同じ会社に在職しながらの再申請のご依頼です。

雇用理由書の記載内容などを吟味して在留変更を申請しました。

結果、許可処分が下り、無事日本に在留し続けながら新しい在留資格で

日本で働けるようになりました。

 

「ビザ ちゃんとと取りました。

ご苦労さまでした。大変お世話になりました。

どうもありがとうございます。」

とのお言葉をいただきました。

 

ご依頼:フィリピン人女性との国際結婚に伴う日本への招へいビザ依頼

 

千葉県に在住の日本人男性の方からのご依頼です。

フィリピンに住む女性と交際したのち、日本とフィリピン国の両方で結婚

を届けて出たのち、日本人配偶者の在留資格認定申請をご検討されました。

当初はフィリピン国の現地エージェンシーにビザの申請を依頼しましたが、

なかなか手続きが進まなかったとのことです。

そこで知人によい行政書士がいないかと相談したところ、私を紹介して

いただきました。

ご依頼人様はなかなか手続きが進まなかったその時までの現状から悲観的な

気持ちでおられましたが、ご相談内容を伺ったところ、悲観的な事情は特に

ない印象でした。そこで申請へと駒を進めました。

その結果、申請から約1か月弱の審査期間で許可処分が下りました。

 

今回はお世話になりました。ネット等の情報も大事

ですが、やはり内情踏まえてお願いして早い時期に

取得できました。

 

ネットの時代ですから、なんでも自力で可能ですが、失敗に

よる時間経費のロス考えると、日本の業者様に頼むの

が手固いと思いました。

 

正直現地ではビジネスマナーとか約束のとらえ方に

日本社会とは相違点がありなかなかうまくいかなかった

経験いたしました。

 

とくに多少とも訳ありの場合はお願いするのが、

ベストだと思われます。

 

以上

 

ご依頼内容:養育費の未払い請求

子供の養育費未払いに困り磨井さんにメール相談した所から始まりました。

 

とても話しやすい方なので、すんなりと相談できささいな事でも聞く事ができました。 書類や手続き関係の事もスピーディに対応して下さりとても助かりました。 友人にも話しにくい事でしたので悩んでいましたが未来が明るくなりました。 本当にどうもありがとうございました。東京都 Nさん

お客様の声2

 

この度は離婚協議書の作成を依頼させて頂き大変親身、迅速、誠実な対応を頂き感謝しております。 磨井先生のご対応のおかげでより円滑な協議離婚が成立致しました。 これから先、別件でもお願いしたい信頼できる行政書士です。 ありがとうございました。東京都 K.Aさん

 

更新情報

2018年2月8日
詐欺の架空請求メールについて
2018年2月8日
行政書士にも来た!フィッシングメール
2018年2月5日
行政書士が受信したアップルメール
2018年1月29日
ビットコイン暴落詐欺メール