zairyu

永住資格

 このページでは永住資格を取得するための要件と永住資格申請に用
いる書式について説明します。
 最後に昨今の永住資格の取得の難易について私見を述べています。

永住資格取得の要件

 永住資格を取得するにはこららの要件をすべて満たすことが原則です。

1.素行が善良であること
2.独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
3.その者の永住が日本国の利益に合すること

(注)申請人が、日本人、永住許可を受けている者又は日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特別法に定める特別永住者の配偶者又は子である場合には1及び2の要件を満たす必要はありません。

 また難民認定を受けている方は、2の要件に適合しない場合でも永住許可される場合もあります。

永住資格申請提出書類

要件を立証する資料です。

必要書類

永住許可の申請に必要な書類は、申請者が現在与えられている在留資格によって異なります。

 ここでは、「日本人の配偶者等」の在留資格を与えられてい
る場合の必要書類をご案内いたします。

1.永住許可申請書(様式その1、その2)
2.身分関係を証明する資料(夫婦、親子関係を証明する資料)

・日本人の配偶者
日本人の戸籍謄本と配偶者の本国の婚姻証明書又は戸籍謄本
・日本人の子
日本人親の戸籍謄本と子の出生証明書または認知届受理証明書
・日本人の養子
日本人親の戸籍謄本と子の本国の戸籍謄本等

3.申請人の外国人登録原票記載事項証明書
4.家族全員の外国人登録原票記載事項証明書または住民票
5.申請人または申請人を扶養する者の職業を証明する資料

・ 給料生活者の場合は、勤務先からの「在職証明書」
・ 許可・認可を要する事業の場合は、「許・認可証明書(コピー)」
・ 法人の役員である場合は、「法人登記簿謄本」
・ 自営業者で職業証明書がとれない場合は、「確定申告書(原本とコピー)」または「取引先等からの取引証明書」

6.申請人または申請人を扶養する者の所得を証明する資料

・ 給料生活者の場合は、「源泉徴収票」(過去1年分)
・ 自営業者の場合は、「納税証明書その1・その2」(過去1年分)

7.記載省略のない住民税課税証明書(過去1年分)
8.身元保証に関する資料(身元保証人は、日本人または永住者)

・ 保証人の職業証明書
・ 保証人の所得証明書(過去1年分)
・ 保証人の住民票または外国人登録原票記載事項証明書

9.日本国または地方公共団体から叙勲や表彰状等を受けているときはその写し
10.住居報告書(用紙は入国管理局で配布しています)
11.家族状況報告書(用紙は入国管理局で配布しています)

申請手数料

永住許可を受けた場合、8,000円が必要です。収入印紙で納付します。

永住者のメリット

 永住者の在留資格には活動に制限がありません。アルバイトも制約
を受けずにできます。さらに在留期間の制限もありません。

「永住者」への変更許可運用基準

公開された運用基準

1.10年以上継続して本邦に在留していること
2.日本人、「永住者」または「特別永住者」の配偶者、または実子もしくは特別養子が永住者を申請する場合

・配偶者については婚姻後3年以上の在留、または海外において婚姻・同居歴のある場合は、婚姻後3年が経過し、かつ、本邦での1年以上の在留。
・実子または特別養子については1年以上の本邦在留。

3.難民認定を受けている者(インドシナ定住難民を含む)

・5年以上の在留

4.「定住者」の在留資格を有する者は定住許可後5年以上の在留
5.外交、社会、経済、文化等の分野におけるわが国への貢献が認められる者も5年以上の在留

(出所:国際人流1998年11月号)

運用の実態

 上記の条件をクリアすれば形式的に永住者資格許可がおりるというわけではありません。生活状況なども個々に吟味・検討するものとしています。

 将来日本が少子化高齢社会となることを踏まえ外国人労働力を確保する必要があることから、近年永住資格の取得要件を緩和している、と記述する書籍を目にするこことがあります。

 確かに一理あるとも思えます。人口統計をみれば、若年層の減少は明らかななのですから。

 しかし、労働力を確保するために永住資格がとりやすくなった、というのはどうでしょうか。

 在留資格はほかにもあります。なにも永住資格の取得を緩和する必
然性はないのです。むしろ永住資格は一度取得すれば更新がない点
で国家による外国人の管理の点で選択しにくいのではないでしょうか。

 そうすると、少子化高齢国家による産業など脆弱さを補強するために永住資格を取得しやすくなったとまでは結論つけにくいのではないでしょうか。

 仮に短期的動向だけをみて取得しやすくなったと言う印象をもっても、しばらくは観察が必要に思います。

初回相談料無料 ご相談はこちら