kaji

相続放棄

相続放棄とは

 相続放棄とは被相続人の財産のすべてを放棄し、一切の財産を相続しない方法です。相続放棄の効果は単に相続しないというだけではありません。相続人という地位そのものを放棄するのです。いってみればまったくの赤の他人になるというわけです。

 そしてこの赤の他人となる効果は、放棄した時点以降のみではありません。なくなった方(被相続人といいます)の死亡時点にさかのぼって赤の他人となります。

 このあたり、法律のマジックといいいますか、うまく結論づけるための効果なのですが、この効果を保つためにさまざまな規定があります。

 例えば、相続放棄ができる期間。相続人が相続人たることを知ってから「3ヶ月以内」に相続放棄申述書を、被相続人の住所を管轄する家庭裁判所に提出しなければなりません。親子の関係であっても相続放棄をすれば赤の他人となるのですから、相続放棄の期限を短く限定しないと被相続人の債権者(例えばお金を貸した人)は安定して借金返済を求めることができないといった不都合を回避するのです。

 なお念のためですが、相続放棄ができる期間(除斥期間)の起算点は、相続が開始したときではありません。相続人が相続人であることを知ったとき、です。

 これはどこが違うのかと申しますと、第一相続順位が生存している場合(または代襲相続人が生存している場合)には第二相続順位の方は相続人ではありません。
 しかし、第一相続順位の方全員が相続を放棄した場合、遡及効により第二相続順位の方が相続人となります。このとき第一順位相続の方全員が相続放棄をしたことを知ったときが起算点になります。

相続放棄手続

相続放棄手続の概略と必要書類のリストをあげます。

1.相続放棄申述書を入手

 この相続放棄申述書は家庭裁判所で手に入ります。全国共通のフォーマットですので最寄の家庭裁判所での入手で大丈夫です。

2.相続放棄申述書の記入

 相続放棄を申告する本人が署名します。代理署名は不可です。どうしても本人による署名ができない場合は、管轄する家庭裁判所にご相談ください。

 ついで捺印と、放棄財産の目録に記入します。この目録は詳細ではなくてもよく概算で大丈夫です。別紙添付する必要もありません。

3.被相続人との間を証明する戸籍の入手

 相続放棄を申請する人と被相続人との間を証明する戸籍等を入手します。なおこの際、全相続人を記載した図を作成しておくと相続放棄手続がスムーズに流れます。

4.相続放棄申述書の提出

 被相続人の死亡地を管轄する家庭裁判所へ提出します。できるだけ本人が出頭し提出することが望ましいようです。相続放棄はいったん有効に成立すると撤回できないのが原則ですので家庭裁判所は相続放棄が真意に基づくかを慎重にみたいようです。

5.相続放棄の申述についての照会書の記載

 相続放棄申述書を家庭裁判所に提出してから約1週間ほどで受理家庭裁判所から質問書が送られます。いくつか質問がありますのでこれらに回答し返信します。

相続放棄手続に必要な書類等のリスト

・相続放棄申述書

・申述人(相続人)の戸籍謄本

・被相続人の戸籍謄本等(除籍簿)

・被相続人の住民票の除票

・収入印紙(1人800円)

・返信用の郵便切手(1人400円分)

・申述人(相続人)の認印

・全相続人のリスト

 ただし家庭裁判所によって異なる場合もございます。事前に照会することをお勧めいたします。

初回相談料無料 ご相談はこちら