*


法律相談無料東京都町田市行政書士うすい法務事務所~離婚と税金一般

法律相談)離婚に際して、慰謝料、養育費の支払い、不動産等の財産分与を受けた場合、税金はかかるのでしょうか。

答)慰謝料、養育費、財産分与のいずれの場合においてもお金で支払った場合には原則として当事者双方に税金はかかりません。しかし、不動産等の資産の移転については、譲渡所得課税の対象です。譲渡した人に所得が生じれば、課税されます。

1.税金

離婚の際に問題となる税金は、譲渡所得税と贈与税です。

ここで、譲渡所得税は、資産を譲渡したことによって所得が生じた場合に、譲渡した人に課税されます。

一方、贈与税は、贈与により無償で財産を取得した場合に、財産を取得した人に課税されます。


2.資産や金銭を受け取った人の課税関係

離婚に際し支払われる慰謝料、財産分与、養育費等の金銭の支払いは、いずれにおいても、社会的にみて妥当な範囲内であれば贈与とはならず、税金はかかりません。

3.資産を分与した人の課税関係

不動産等の資産につき財産分与がなされた場合、譲渡所得課税の対象とされ、分与者の側に譲渡所得が生じれば課税されます。