*


法律電話相談無料東京都町田市行政書士うすい法務事務所~離婚・婚姻中の氏を名乗りたい場合


法律相談)婚姻時に氏(苗字)を変えましたが、離婚の場合、その氏を使い続けたいのですが可能ですか?可能な場合の手続きも教えてください。

答)届出することで、従前の氏(苗字)を使うことが可能です。

1.婚氏続称

婚姻によって氏を変更した者が、離婚にあたって婚姻中の氏を使っていきたい場合、離婚の日から3ヶ月以内に婚氏続称の届出をすることで、婚氏を使ってゆくことが可能です。

婚姻によって氏を改めた夫又は妻は離婚によって、婚姻前の氏に復するとされます。

しかし、婚姻時に氏を改めた者が、離婚することによって、長年使ってきた婚姻中の氏を続けて使えないとすると、対外的に身分関係に変動があったことを知らせなくてはならなかったり、契約関係(銀行口座、生命保険など)や公的書類の氏の欄に変更をしなくてはならないなどの社会生活上いろいろな不利益が生じます。

そこで、離婚後も引き続き婚姻中の氏を称しようとする者は、その旨を届け出ることによって、婚姻中の氏を称することが可能となりました。

ポイントは、婚氏続称は、あくまで届出であって、許可ではない点です。許可としてしまうと、例えば家庭裁判所の裁判官によって婚氏続称が認められるだけの証拠と申立が必要となるのですが、あくまで届出という本人の意思のみによって決めることができるわけです。


2.具体的手続


2.1.離婚と同時に届出があった場合


この場合、ただちに婚姻中の氏で新戸籍が編成されます。新しい戸籍においては、筆頭となります。

2.2.離婚届出の後に届出があった場合


この場合は、

・届出人が復籍後の戸籍の筆頭者でないとき

及び

・届出人が復籍後の戸籍の筆頭者であり、かつ、その戸籍に同籍者(例えば離婚以前に届出人にこどもがいる場合)

この場合にはその届出人についてだけ新戸籍が編成されます。

ここで注意していただきたいのは、復氏の効果が届出人だけに及ぶ点です。

たとえば、旧姓田中和子さんと山田太郎さんが田中さんが山田の氏を称するとして結婚し、その二人の間に子ども次郎が誕生した後、離婚したとしましょう。

離婚後、いったんは山田和子さんは旧姓田中に戻ります。

その上で、復氏を届出したとします。

そうすると、田中和子さんは、山田和子になります。

しかし、山田和子さんの親権に服する田中次郎こんは、この届出によってでは、山田次郎には戻らないのです。