*

不倫行為で慰謝料請求!証拠はなにが必要?

慰謝料請求ができるためには不貞行為(いわゆる肉体関係)がなければなりません。

浮気してるでしょっとの追求に対して、してるよと答えて慰謝料払うといえば
話は楽ですが現実はそうもいきません。

そこで、不倫してないよと反論してきた場合に備え、不倫の証拠が必要となります。

ではどのような証拠があればよいのでしょうか?

不倫相手の路上で手をつなぐ写真やキスする写真は証拠として不十分です。
浮気相手とのプリクラ写真なども、不貞行為を立証する証拠としては不十分ですね。

裁判所も不貞行為の存在を認定する証拠としては、例えばラブホテルへ入る
ところとか、不倫相手の家に出入りする写真が必要です。
ただ、このような写真はなかなか個人では写せるものではありません。

なので探偵の出番となるわけです。

実際私がご依頼を受けた離婚案件でもホテルに宿泊したところを探偵に写真を
とってもらい、翌朝に依頼人がそのホテルで二人がホテルから出てくる現場を
押さえて不貞行為に伴う慰謝料請求の協議をしたケースもあります。

また、最近ですとLINEやケータイメールでの不倫をにおわすやり取りが
証拠にならないかとのご質問を受けます。

この点、直接的な性的交渉を示唆する会話が成立していれば、証拠となりえます。
例えば、LINEでの会話で、コンドーム持ってきてね~との問いかけに対して
いいよ~などという回答での会話が成立していれば証拠となります。
逆に、今度会おうよとか食事いこうよ程度の会話ですと、浮気の証拠(?)には
なりえますが、不貞行為の証拠としてはかなり弱く、不貞行為の立証には
結びつかないのが現実です。あくまで貞操義務違反による精神的苦痛に対する
損害賠償請求が慰謝料ですので、貞操義務違反、すなわち肉体関係がないと
慰謝料請求は難しいのです。

問題はこの証拠の保全です。

LINEやケータイメールですと相手に消されてしまう恐れがあります。
なので、こういった会話をデジカメで撮影して保全することをお奨めします。
裁判になった場合に証拠として提出する際にもこのデジカメの写真が証拠になります。