*

慰謝料の実態! 平均額はいくら?

慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償ですので客観的算定が難しく
慰謝料の明確な算定基準はありません。算定に際しては支払う側
請求する側のそれぞれの要素、また双方に共通する要素が考慮されます。

具体的には以下のとおりです。

支払う側に関するポイント
・離婚原因となった違法行為(不倫や暴力など)の責任(有責性)の程度
・社会的地位や支払い能力(収入や財産の有無)

請求する側に関するポイント
・精神的苦痛の程度
・請求者の責任の有無や程度
・請求者の離婚後の経済的自立性(扶養の必要性)

双方に共通するポイント
・結婚期間と年齢
・子どもの有無と親権(どちらが養育するのか)
・結婚生活での夫婦の協力度合い

ついで、気になる慰謝料の額の実態です。

慰謝料の平均額は、300万円程度です。

400万円くらいまでが多く、また100万円以下も多いです。

財産分与とあわせて500万円程度がほとんどです。

よく芸能人など有名人が離婚する際に慰謝料1億円!などと
マスコミに報道されますが、一般的な額としてはこの程度です。

私が経験した中での慰謝料の最高額も400万円でした。この際は
現金一括での支払いでした。

このときは、不倫行為による離婚でしたが、証拠も固められ、支払う側も
不倫行為も認めた上での支払いでした。

なお慰謝料請求できるのは離婚後3年までです。離婚時に経済力がなくても
その後事業に成功したり就職したりするなどして慰謝料を支払う側に支払能力
ができた場合3年内であれば慰謝料の請求が可能です。

もっとも離婚時に慰謝料を放棄した場合には請求できません。