*

養育費のトラブル!解決方法は?

離婚の際に夫と妻が養育費について取り決めをしていても
支払われないケースが多々あります。統計上も養育費を受け取っているのは
全体の2~3割にとどまるという結果もあります。

このように低い数値の背景にどれだけの苦しみがあるのかと思うと忸怩たる
思いです。

このような結果にならないためにも離婚時の取り決めについて書面に残すこと
を強く推奨します。特に養育費について記載された強制執行認諾文つきの
公正証書は、裁判などを経ずに養育費分の差し押さえができるのでお奨めです。

さて、養育費の取り決めにつき合意できない場合、家庭裁判所に調停を
申し立てすることができます。

この調停でも養育費についての合意ができない場合、最終的には審判で決定
されます。

この場合、離婚の際に養育費について取り決めがなされていたら、養育費の
未払い分につき過去の分まで請求が可能です。