*

離婚した際、旧姓にもどるか結婚しているときの姓を選択するかについてはすでに書きました。

問題はこどもの姓です。

子どもの姓は、離婚しても結婚当時の姓のままです(民法790条1項)。

ですので妻が旧姓にもどると親子で姓が異なることになります。

同居していても姓は異なりますから表札には旧姓と結婚時の姓を名乗るこどもの氏名を表示することになります。

例えば
鈴木太郎と山田花子が結婚し、鈴木の姓を名乗って子どもが鈴木次郎の場合で旧姓にもどると、表札は山田花子と鈴木次郎と二人の氏名が表示されます。

では戸籍筆頭者でない親と子どもを同じ姓にするにはどうすればいいでしょうか。

ひとつは離婚の際に称していた氏を称する届を離婚後3ヶ月以内に提出することによって結婚当時の氏をなのるという方法があります。

この場合筆頭者でない人と子どもの戸籍は別のままのため法律的には別の姓という扱いになります。

法律上も同じ姓でありたいというばあいは、子の氏の変更にかかわる手続きをふまなくてはなりません。

これは家庭裁判所による申し立てを経由する必要があります。