*

離婚する気持ちになりそうな悩みを抱えているとき、
一人で抱えるのは精神的につらいですよね。

そういったときは第三者を交えての相談があります。

今回は家庭裁判所の夫婦関係円満調整の調停という
制度について若干の説明をいたしますね。

家庭裁判所というと離婚調停がイメージとして
浮かびますが、離婚とは間逆の円満調停も扱っています。

調停には家事審判官(裁判官)1人と民間の良識ある人
から選ればれた調停委員2人以上で構成される調停委員会が立会います。

夫婦それぞれの言い分をよくきいて、夫婦関係が円満で
なくなった原因について探って、その原因をどのように
努力して解決するかなどの解決案を提示したり、解決に
むけて必要な助言をします。

なおお互いが顔を合わせずにすむよう、待合室を別フロアーにするなど配慮がされますので、安心して利用できます。

調停はいつでも取り下げることができます。

調停で合意がなされた場合調停調書という書面が作成されますが、この書面になんら強制力はありません。

ですので後日離婚の調停を蒸し返すことも可能ではあります。

また取り下げなくても離婚の意思が固まったら、円満調停を離婚調停に切り替えることも可能です。