*

離婚手続きから300日以内でかつ再婚の結婚届提出日から200日以内に子どもを分娩した場合、その
子どもは前夫の戸籍に記載されます(前の結婚時に夫が戸籍の筆頭者だった場合)。

しかし再婚した夫が血統上の父親であることが明らか場合など、前の夫の戸籍に
入れたくない場合もあります。

その場合にはまず出生届は出さないで、その代わりに家庭裁判所に親子関係不存在確認の訴えを
提起します。家庭裁判所が審査し申し立てを認めれば、大丈夫。申し立てを認めた
審判書を添付した出生届を市区町村役場に提出すれば出生当時の母の戸籍に入ることが可能と
なります。

逆のパターンとして妻が産んだ子どもが自分の子どもではないと夫から申し立てる場合は
家庭裁判所に嫡出否認の訴えの調停を求めることになります。

なおこの嫡出否認の訴えは子どもの出生を知ったときから1年以内にしななければならないと
法律にさだめられています。