*

婚約破棄の事実認定はとっても難しい

婚約破棄は婚姻契約の予約の不履行です。
従いまして正当な理由がなく一方的に婚約を破棄した場合は
それ相応な責任を追及できます。

問題は婚約をしたという事実をどのように証明するか、です。
単なる口約束だけでは当事者同士の水掛け論になるだけで、
法的保護には値しません(婚約破棄の事実を主張する側に
その事実を証拠によって立証する責任がありますので)。

ここでいう証明とは、

結納を交わしている

パーティを開催している

婚約指輪を送っている

実家に挨拶に行っている

利害関係のない第三者に婚約者として紹介している

などの客観的事実を地道に積み重ねて婚約の事実を
立証できるのです。