*

夫婦は法律上同居義務があります。
ただし当事者が合意していれば別居も可能です。
もっとも同意した上での別居は希少でしょう。
暴力から逃れるためだったり、どうしても一緒に
暮らしてゆけない性格の不一致で配偶者には内緒
で別居するケースが多いのではないでしょうか。

別居した場合に念頭によぎるのがお金の問題です。
別居したとき十分なたくわえがあり、別居した
配偶者の支援がなくても生活ができるのであれば
困ることもないでしょうが、そうも行かないのが
現実の厳しいところでしょう。

このとき婚姻費用を請求できます。ここで婚姻費用の
例としては、
日常の生活費(衣食住など)
子供の養育費
交際費、娯楽費
医療費
などが含まれます。

もっとも関心があるのが金額だと思いますが、夫婦
が同程度の生活を営むのに必要な生活費です。

離婚を前提に別居することもある場合も多い以上、
この金額について冷静に協議し文書にするのは難しい
とは思いますが、支払わなくなった場合にも備えて
予防的に文書を作成することをお勧めします。

では婚姻費用分担が支払われなくなった場合どうすれば
いいでしょうか。

この場合婚姻費用分担請求の調停を申し立てを行います。
申し立てに必要な書類として

・調停申立書
・夫婦の戸籍謄本1通
・収入印紙
・連絡用の切手代金
です。

住所を管轄する家庭裁判所に申し立てることで調停が開かれ
解決を図ります。