*

ウィルスメールの注意喚起です。

本日、行政書士うすい法務事務所のメールアカウントに下記のウィルスメールが来ました。

アップルを名乗っていますが、当然のことながら、アップル社とは無関係です。

ウィルスメールの件名:appleが犯したポリシー

ウィルスメールの内容

Apple ID

あなたの App26135l68084e ID は、いくつかの違反したポリシーのために無効になります

日時:

ケースID:

2018 年 6 月 1 日 06:16 AM JST

ID-66574618

お客様のアカウント情報の一部のデータが無効で、確認されていないようです。

App26135l68084e IDアカウントを引き続き使用するためには、アカウント情報を確認する必要があります。
アカウントを元に戻すには、添付ファイル(P40D8534F)を開き、ファイルを保存してからウェブブラウザで開きます。無効になったアカウントは、電子メール、連絡先、写真、およびAppl68084eに保存されている他のデータとともに削除されるため、すぐにこれを行う必要があります。

24時間以内にお客様からの返信がない場合、お客様のアカウントは無効になります

誠実に、

Appl68084e サポート

Apple Inc. すべての権利を保有..

以上です。

Option Compare Database

Private Sub cmdADD_Click()
‘概要;編集データ新規

Dim DB As DAO.Database
Dim RS As DAO.Recordset
Dim NewNO As Long

strMSG = “sinki”
If MsgBox(strMSG, vbOKCancel) = vbCancel Then
Exit Sub
End If
Set DB = CurrentDb()

strSQL = “select T_請求実績_統合.* from T_請求実績_統合 ORDER BY T_請求実績_統合.[No];”

Set RS = DB.OpenRecordset(strSQL, dbOpenDynaset)

RS.MoveLast
NewNO = RS!No + 1

RS.AddNew
RS.Fields(0) = NewNO

For i = 1 To RS.Fields.Count – 1
RS.Fields(i) = Me(“txt” & RS.Fields(i).Name & “_編集”)
Next

RS.Update

DB.Close
Set DB = Nothing

Me.Requery
Call cmdClear_Click

End Sub

Private Sub cmdClear_Click()
‘概要;選択データ編集欄クリア

Dim myCtrl      As Object
Dim strCtl1     As String

For Each myCtrl In Forms!F_請求実績_入力.Controls
Debug.Print myCtrl.Name
strCtl1 = myCtrl.Name
If strCtl1 Like “*_編集*” Then
myCtrl.Value = Null
End If

Next

End Sub

Private Sub cmdDel_Click()
‘概要;データ削除

Dim DB As DAO.Database
Dim RS As DAO.Recordset

strMSG = “削除”
If MsgBox(strMSG, vbOKCancel) = vbCancel Then
Exit Sub
End If
Set DB = CurrentDb()

strSQL = “select T_請求実績_統合.* from T_請求実績_統合 where [No]=” & Me.txtNo_編集

Set RS = DB.OpenRecordset(strSQL, dbOpenDynaset)

RS.Delete

‘        For i = 1 To RS.Fields.Count – 1
‘        RS.Fields(i) = Me(“txt” & RS.Fields(i).Name & “_編集”)
‘        Next

‘    RS.Update

DB.Close
Set DB = Nothing

Me.Requery
Call cmdClear_Click

End Sub

Private Sub cmdEdit_Click()
‘概要;データ編集

Dim DB As DAO.Database
Dim RS As DAO.Recordset

strMSG = “編集”
If MsgBox(strMSG, vbOKCancel) = vbCancel Then
Exit Sub
End If
Set DB = CurrentDb()

strSQL = “select T_請求実績_統合.* from T_請求実績_統合 where [No]=” & Me.txtNo_編集

Set RS = DB.OpenRecordset(strSQL, dbOpenDynaset)

RS.Edit

For i = 1 To RS.Fields.Count – 1
RS.Fields(i) = Me(“txt” & RS.Fields(i).Name & “_編集”)
Next

RS.Update

RS.Close: Set RS = Nothing
DB.Close: Set DB = Nothing

Me.Requery
Call cmdClear_Click

End Sub

Private Sub cmdFilter_Click()

Dim strFil As String

strFil = “”

If Nz(Me.Fil航空会社, “”) <> “” Then
strFil = IIf(strFil = “”, “”, strFil & ” and “) & _
“航空会社='” & Me.Fil航空会社 & “‘”
End If

If Nz(Me.FilID_S, “”) <> “” Then
strFil = IIf(strFil = “”, “”, strFil & ” and “) & _
“ID >=” & Me.FilID_S & “”
End If

If Nz(Me.FilID_E, “”) <> “” Then
strFil = IIf(strFil = “”, “”, strFil & ” and “) & _
“ID <=” & Me.FilID_E & “”
End If

Me.Filter = strFil
Me.FilterOn = True

End Sub

Private Sub cmd選択データ編集_Click()
‘概要;選択データ編集欄表示

Dim myCtrl      As Object
Dim strCtl1     As String
Dim strCtl2     As String

For Each myCtrl In Forms!F_請求実績_入力.Controls
Debug.Print myCtrl.Name
strCtl1 = myCtrl.Name
If strCtl1 Like “*_編集*” Then
strCtl2 = Replace(strCtl1, “編集”, “詳細”)
myCtrl.Value = Me(strCtl2)
End If

Next

End Sub

件名からして日本語がおかしいですよね。
この件名では意味が不明です。

さすがにこのウィルスメールに信ぴょう性を感じる方は少ないかとは思いますが、メールを受信して不安に駆られる方もいないとも限りません。

当然ながら、このウィルスメールに記載されたリンクは絶対にクリックしないでください。