*

突然ご依頼のお電話をいただきました。工事に伴う道路使用許可の申請をお願いできないかとの内容です。

お話しを伺うと、なるべく早く申請してほしいとのことでしたので、私としてもそのご希望を叶えるべく、ご依頼主様のところにその日のうちにお伺いしました。

ご依頼の会社様は千葉県の中央にあるのですが、請け負った工事が東京都町田市にある弊事務所の付近でしたのでお声がけいただいたようです。そして東京都町田市や神奈川県川崎市などにまたがった地域で早急に対応してほしいとのことですので、その日のスケジュールを調整して道路使用許可申請書類の作成や記載内容のチェックを初回のお打ち合わせの場で共同作業。

あらかじめ私のほうで用意していた申請書類に署名と会社印を押印していただき、とりあえず道路使用許可申請のための資料は一通りその場でそろいました。行政書士事務所の本領です。あとは工事を行う場所を管轄する警察署に出向くだけとなるまで作業を終わらせました。

翌日、その道路使用許可を申請する警察署に出向き申請を受理していただきました。ならべくはやく申請してほしいとのリクエストを満たすことができ、ほっとしました。許可がおりる日は、申請を受理する所轄の警察署ごとで異なるので、依頼人様に申請を受理した所轄の警察署の道路使用許可がおりる日を伝えます。これで工事を計画通りに進めることができるとおっしゃっていただきました。こういうお言葉はとてもうれしいものです。

お声ががけいただいてから翌日に申請するという迅速な対応ではありますが、これもご依頼人のお客様のご協力があってのことです。感謝したい気持ちでおります。