*

お客様からうれしいお言葉をいただきました。

うすいさんとお話しできて、本当にほっとできました。元気がでました。

とのお言葉です。

ご相談者様は、突然家出した妻から離婚の調停を申し立てられています。それまで平凡ながらもしっかり働き幸せな家庭を築いてきたのに、突然の離婚騒動。いわゆる熟年離婚案件です。

それまで自身の幸せを疑うことなく暮らしてきたのに、仕事から帰宅しても妻もいません。大好きなこどもたちもいません。一人で夜を過ごします。離婚の相談なんて、そうそう相談できる相手もいませんから、一人でもんもんと過ごし、一人で食事をとり家事をします。
そして一人で寝て朝を迎えます。

このような孤独と不安のストレスで、妻が家出してから一カ月で10キロやせたそうです。

そんななか、私のホームページを見つけ、お電話をおかけされたとのことです。

私も真摯にご相談に乗りました。

その結果、ご相談者さまは少しではありますが自分を取り戻し、心の不安を吐き出すことで元気がでたとのことです。

このようなお言葉をいただくのが私も一番うれしいものです。本当によかったことと思います。

もちろん離婚を前提とした調停が取り下げられるわけでもなく、家出別居している妻は離婚する意思が固いことにかわりはありません。

しかし、孤独と不安に打ちのめされた中で、ほっとできたことは、とても大きいことだと思うのです。