*

質問1

道路使用許可申請をしたいので、申請を受け付ける警察署を知りたいです。

回答1

こちらのページをご覧ください。

質問2

 路上でイベントを企画していますが、道路使用許可が必要かどうかの判断基準を知りたいです。

回答2

そもそも所轄の警察があらかじめ道路使用許可をしなければ道路での諸活動が許されないとする道路使用許可制度の趣旨は、本来であれば人や車両の往来に利用される道路でのイベントやビラくばり、路上販売など諸活動によって本来の道路の目的である人や車両の往来に支障が生じるかどうかを判断する点にあります。

この制度趣旨から考えますと、およそ道路という場所・空間を利用する諸活動は道路使用許可が必要となります。

つまり、道路を行きかう人や自動車、オートバイ、自転車の邪魔になると考えられる諸活動が道路使用許可の処分対象となります。その諸活動は、時間が短いか長いかとか、(例えばモデルさんをかこっての写真撮影会など)有料か無料かは無関係です。短時間でも道路使用許可は必要です。無料でも道路使用許可は必要です。

従いまして、およそ道路でなにかしら諸活動を行うのであれば、諸活動を予定する道路を管轄する警察署で道路使用許可を得ることが必要となるのが原則です。

質問3

道路使用許可が必要なサンプリング(サンプリングとは、路上で化粧品やあめ、ガムなどの試供品を通行人に配布する活動)をしたいのですが、仮に道路使用許可を得ないでサンプリングを行った場合、どのようになりますか。

回答3

道路法の罰則により刑事罰が課されるの可能性があります。法の規定で、罰則には、懲役刑と罰則がさだめられています。無許可で道路を使用した場合には、逮捕・勾留され起訴を経て有罪が確定すれば、刑務所に収監され受刑者となるわけです。

ただ、実際の運用では、無許可の道路使用に対して警察が事前の警告を経ずに逮捕するというのは稀なのが現実のところではないでしょうか。無許可の道路使用を発見した警察官は口頭で警告しすみやかに撤去するように伝えます。この警告を再三無視し、かつ、道路の往来に看過できない支障が生じているのが明らかであるときに任意の事情聴取などの相応の措置をとるのではないでしょうか。

もっとも、警察が実力行使に抑制的だとしても、昨今の日本が急速に不寛容な社会になったことを反映してか、一般通行人が道路で活動する者に対して道路使用許可を得た上で活動しているのかと執拗に問いただしてくるケースも増加しています。このような場合に備えあらかじめ道路使用許可を取得していれば、道路使用許可証をみせるだけで執拗に問いただす人はそれ以上なにも言えなくなります。しかし逆に道路使用許可証がなければ執拗な質問は、その場を撤収するまで続くでしょう。やはり道路使用許可を取得したほうが無難のようです。

質問4

知り合いから道路使用許可をとらないといけないと忠告されたので、道路使用許可を取ろうと考えています。道路市況許可について概要と申請手続きを知りたいです。

回答4

こちらのページをご覧ください。

質問5

路使用許可を最短で取りたいのですが、道路使用許可申請から最短で何日で道路使用許可を受けられますか。

回答5

申請から平日中3日で許可がでます。例えば月曜日に道路使用許可を申請し、途中で祝休日を含まなければ中3日を置いて、同週金曜日に許可がおります。詳しくは所轄の警察署にお問い合わせください。

質問6

東京で同一日に複数の場所で道路を使用するイベントを企画していますが、私は長野県にすんでいるので、わざわざ東京にでて申請する時間とお金を節約したいです。長野県警の警察署に道路使用許可を申請はできませんか。

回答6

申請はできません。あくまで使用を予定している道路を管轄する警察署だけが申請を受つけます。また、郵送による申請もみとめられていません。申請人かその代理人が警察署に出頭してのみ申請が可能です。複数の場所であれば、その場所ごとの申請が必要です。

質問7

知人から、道路使用許可が必要ではあるが、許可がおりにくいのではないかといわれました。しかし、どうしても道路使用許可をとりたいです。どうしればいいでしょうか。

回答7

道路使用許可の制度では、許可をだすかださないかの判断は所轄の警察署長の裁量です。

ですので、いわゆるビラ配りやチラシの配布など定型的類型的なものではない申請案件は、警察署長などとの事前協議を経ての判断になります。たとえば、有名ミュージシャンの路上ゲリラライブなどはこのような事前の協議によって許可不許可を判断するようです。ただ、事前協議といっても風紀上好ましくない内容などは事前協議を経るまでもなく不許可の判断がくだされます。また、道路使用の諸活動に反社会的勢力の団体などが関与ししている場合も不許可になるようです。

質問8

子どもが通う学校のPTAで、公園でイベントをする企画を考えています。公園で行うイベントであってもやはり道路使用許可が必要なのでしょうか。

回答8

公園などの国や都道府県、市区町村が管理している敷地は道路にあたりませんので、道路を管理するための制度である道路使用許可申請は不要です。ただし、このような敷地を使用する場合であれば、その敷地を管理する者の事前の許可が必要です。区立公園であれば区の許可が必要です。また、使用を検討している場所が私有地であれば、その私有地の使用権者の許可が必要となります。管理権者の事前の許可を得ないで敷地内に立ち入りなんらかの諸活動をした場合には、住居侵入罪(刑法130条)が適用されえます。