*

ng>

限定承認とは


1.限定承認の意義


限定承認とは相続人が相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務などの支払いをするべきことを留保して相続を承認する制度をいいます(民法922条)。
相続債務(被相続人が背負っていた借金など)が相続財産を上回っているとき、責任なき債務となり、相続人は、返済義務を承継しないのです。相続人は、相続財産のなかから被相続人の債務を支払えばよく、相続財産に余剰があれば、その財産を相続できます。


2.熟慮期間の意味


相続人は、「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」から3ヶ月以内に、相続について、単純相続するか、限定承認するか、相続放棄するかの選択ができます。
限定承認する場合もしくは相続放棄する場合には、家庭裁判所に対して、限定承認もしくは、相続放棄の申述手続きをすることになります(921条2号)。


3.限定承認の手続き


限定承認の手続きは、「相続人が数人あるときは、限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができる」(923条)とされています。
ですので、相続人全員の共同でなくては限定承認の申述ができないのです。
相続人の一人について単純承認事由があるときは、限定承認をすることができません。
逆に相続放棄をした相続人がいる場合には、その相続放棄をした者は、はじめから相続人ではないことになりますので、のこされた相続人全員によって限定承認をすることができます。
限定承認をする場合、相続人は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に(915条1項)、相続財産の目録を作成し、家庭裁判所に提出(924条)し、限定承認の申述をすることになります。


4.限定承認の利用状況


相続放棄の申述と限定承認の申述の件数を比較すると、圧倒的に相続放棄の申述件数が多いのげ現状です。限定承認は、年間で1,000件を下回るのです。
しかし、利用状況が低いとはいえ、債務超過の財産であっても相続したい場合には、利用を検討なすってよろしいかと思います。