*


法律相談無料東京都町田市行政書士うすい法務事務所~相続・代襲相続とは

法律相談)祖母の死をきっかけに相続のことをネットで調べていて、代襲相続という言葉にあたりました。代襲相続について教えてください。

1.代襲原因


被相続人の子が、

あ)相続の開始前に死亡したとき
い)相続欠格事由(民法891条各号)があるとき
う)相続から廃除されたとき(民法892条)

には、その者の子が代襲して相続人になります(民法887条2項本文・代襲相続)。

い)及びう)については、相続開始の前後を問いません。

また、相続人の子が相続放棄した場合には、代襲相続は認められません。

さらに兄弟姉妹にも同様に代襲相続が認めれます(民法889条2項)が、相続人にである配偶者や直系尊属については認められません。


2.代襲相続者になるために


代襲相続が認められるには、被相続人の直系卑属である必要があります(民法887条2項ただし書)。

また、相続人の子が胎児の場合にも、代襲相続が認められます(民法886条1項)。


3.再代襲


被相続人の孫について1.のあ)からう)の事実があったときで、かつ被相続人から見ればひ孫にあたる者がいる場合、代襲相続人の相続分をさらに引き継ぎます(民法887条3項再代襲)。

なお、兄弟姉妹には再代襲はみとめられません(民法889条2項)。再代襲は、甥・姪までということになります。